13_クランクアップ_0727 (10).jpg

Japandemic

ジャパンデミック

〜13人のイカれる作家たち〜

流山児★事務×コラボニクス

​共同製作映画

流山児★事務所×コラボニクス共同製作映画
『ジャパンデミック 
〜13人のイカれる作家たち〜』
オフィシャルサイト

苦しい時も爽やかに、悲しい時も美しく!
、、、じゃない、、、
苦しい時は怒りを!悲しい時は嗤え!
パンデミックの世界を嗤(わら)う

13人の劇作家による映像絵巻。

製作過程を不定期で投稿していきます。

映画の完成までをお楽しみください。

『 Japandemic ジャパンデミック ~13人のイカれる作家たち~ 』CM Episode1「ザッピング」

 
13_クランクアップ_0727 (6).jpg

上映情報の詳細はこちらです

13本の作品を1本ずつご紹介いたします

 
 
 
 

13人のイカれる作家紹介

『 サインボール 』

秋之桜子

1963年大阪府出身。フクダ&Co.所属。

2005年女二人芝居「羽衣1011」にて初めて脚本を担当。

2010年昭和の文士たちをモデルにした「猿」にて

第16回劇作家協会新人戯曲賞優秀賞受賞。

2012年に演劇企画集団「西瓜糖」を立ち上げ、

大正~昭和の歴史に翻弄される人々の「生と性」を描き、

注目を集めている。

他、劇団昴、花組芝居、椿組、わらび座、

東映アニメなどに作品を提供。

流山児★事務所では

2019年「赤玉★GANGAN~芥川なんぞ、怖くない~」

の脚本を担当している。

『 不用の人 』

天野天街

AMANO Tengai

少年王者舘主宰、1960年生まれ、愛知県一宮市出身。

82年に劇團少年王者

(85年に少年王者舘と改称)を旗揚げ、

同劇団の主な公演で作・演出を務めるほか、

92年には澁澤龍彦の遺作

『高丘親王航海記』を野外劇化して

各界の注目を集める。
流山児★事務所では

『SMOKE~LONG VERSION ~』演出

作・楽:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)、

『田園に死す』脚本・演出(原作:寺山修司)、

『西遊記』脚本・演出などを手掛ける。
演劇以外の分野においても、

ポスターデザイン・装丁・イラスト・エッセイ・

短編映画監督など多方面に渡る活動を続けている。

『 コノヤロウ 』

大西弘記

三重県伊勢市出身。

1999年~2004年伊藤正次演劇研究所に入所し

演劇を始める。

2006年に自らの作品を上演するため

画・制作の母体となる

TOKYOハンバーグを立ち上げる。

社会問題を取り扱いながら、

一筋の涙が零れるかどうかといった

「心の栄養」をモットーにした、

強い普遍性と現代リアルのバランスを保つ

丁寧な劇作・演出スタイルで舞台側と客席側を繋ぐ。

外部への書下ろし、演出も数多くこなす。
2015年『最後に歩く道』

(サンモールスタジオ選定賞最優秀演出賞を受賞)
2018年『へたくそな字たち』

(第24回劇作家協会新人戯曲賞最終候補)
2019年『宮城1973 ~のぞまれずさずかれずあるもの~』

(第25回劇作家協会新人戯曲賞最終候補)
2020年『東京2012 ~のぞまれずさずかれずあるもの~』

(第32回テアトロ新人戯曲賞受賞)

『 月からの電話 』

鹿目由紀

1976年、福島県会津若松市生まれ。

劇団あおきりみかん主宰、劇作家、演出家。

日本劇作家協会東海支部プロデュース「劇王」で

四年連続優勝、

第16回劇作家協会新人戯曲賞、

若手演出家コンクール優秀賞、

名古屋市芸術創造賞、

平成22年度愛知県芸術文化選奨、

第18回松原英治・若尾正也記念演劇賞など。

「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~」シリーズ、

中村雅俊45thアニバーサリー公演

「勝小吉伝 〜ああ わが人生最良の今日〜」など

外部脚本も手掛ける。

平成29年度・文化庁新進芸術家海外研修(短期)で

イギリス・ロンドンにて研修。

日本劇作家協会運営委員。日本演出者協会会員。

『 ウィルスの責任 』

ケラリーノ・サンドロヴィッチ KERALINO SANDOROVICH

劇作家、演出家、音楽家、たまに映画監督。

1982年ニューウェイヴバンド「有頂天」を結成。

またインディーズ・レーベル

「ナゴムレコード」を立ち上げ、

70を超えるレコード、CDをプロデュースする。

並行して1985年に「劇団健康」を旗揚げ、演劇活動を開始、

1993年に「ナイロン100℃」を始動。

1999年『フローズン・ビーチ』で

第43回岸田國士戯曲賞を受賞、

現在は同賞の選考委員を務める。

演劇活動では劇団公演に加え、

KERA・MAPなどのユニットも主宰するほか、

外部プロデュース公演への作・演出も多数。受賞歴多数。

音楽活動では、ソロ活動の他、

2014年に再結成されたバンド「有頂天」や、

「ケラ&ザ・シンセサイザーズ」でボーカルを務めるほか、

鈴木慶一氏とのユニット「No Lie-Sense」などで、

ライブ活動や新譜リリースを精力的に続行中。

Twitterアカウントは「@kerasand」。

『 じゃぶじゃぶ池の藤棚の下で 』

佐藤茂紀

Shigenori Sato

劇作家、演出家、高校教師。2004年、

劇団ユニット・ラビッツを旗揚げ。

福島県拠点の地方劇団として熱血活動のさなか、

2011年「あの」出来事が起こる。

以来、震災関連戯曲は25作品。

今なお崖っぷちのアングラロードを爆走中。ゴールは遥か。

本作出演の怪優大久保鷹と

いつかパレスチナ公演決行の誓いがある。

ヘブロンのイエスシアターを期日未定で予約済。

参加者募集中。

代表作は「あれからのラッキー☆アイランド」

「この青空は、ほんとの空ってことでいいですか?」など。

『 陰謀論 』

詩森ろば

宮城県仙台市生まれ。1993年、劇団風琴工房旗揚げ。

以後すべての脚本と演出を担当。

全国どこへでも飛び回る綿密な取材で、

多彩な題材を他にない視点で立ち上げる。

2018年俳優田島亮と風琴工房から屋号を改め、

serial numberを立ち上げる。

2013年「国語の時間」演出担当にて

読売演劇大賞優秀作品賞受賞。

2016年紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。

2018年 芸術選奨 文部科学大臣賞 新人賞受賞。

2020年 映画「新聞記者」により

日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞

『 Bar2021 』

しりあがり寿 

1958年静岡市生まれ。

1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後

キリンビール株式会社に入社し、

パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。

1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。

パロディーを中心にした

新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。

1994年独立後は、

幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、

新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、

アンダーグラウンドマンガなど

様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、

近年では映像、アートなど

マンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。

 

●受賞歴
2000年 『時事おやじ2000』(アスペクト)、

『ゆるゆるオヤジ』(文藝春秋)

/第46回文藝春秋漫画賞 受賞。
2001年 『弥次喜多 in DEEP』(エンターブレイン)

/第5回手塚治虫文化賞 マンガ優秀賞 受賞。
2011年 『あの日からのマンガ』(エンターブレイン)

/第15回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞 受賞。
2013年 『赤城乳業 BLACK シリーズ』

/第50回ギャラクシー賞CM部門 優秀賞、

第53回ACC賞テレビCM部門 ACCシルバー 受賞。
2014年 平成26年春の叙勲 紫綬褒章 受章

●主な作品
『流星課長』 『ヒゲのOL籔内笹子』 

『地球防衛家のヒトビト』 

『コイソモレ先生』 『方舟』 『あの日からのマンガ』 

『ゆるめ~しょんシリーズ(アニメ作品)』

『 隔離生態系 』

佃典彦

劇作家・演出・俳優
日常に突飛な出来事を打ち込んで人間関係の
本質を炙り出す不条理系作風。
名古屋のミラーマンの異名を持つ男。
第三回俳優A賞
第五十回岸田國士戯曲賞

『 その男、ロック 』

中村ノブアキ

シアターカンパニーJACROW代表・脚本家・演出家。

社会的なモチーフで人間を描く会議劇を得意とする。

犬派か猫派か問われれば

即座に犬派と答える犬好きだが飼ってはいない。

『 或阿呆の一生 』

セレクト

山崎哲

1970年、唐十郎主宰「状況劇場」に入団、師事する。

1971年、劇団つんぼさじき、80年に転位・21を結成。

1982年、「うお傳説」「漂流家族」で岸田戯曲賞を受賞。

1987年には「エリアンの手記」「ジロさんの憂鬱」

「まことむすびの事件」の3本が紀伊国屋演劇賞を受賞。

1994年、水戸芸術館運営委員就任と同時に

転位・21の活動を一時休止。

2002年、転位・21を

新転位・21として改め活動を再開する。

以降の作品には、

和歌山カレー毒物事件を描いた「嗤う女」、

神戸児童連続殺傷事件を描いた「僕と僕」、

秋田児童連続殺害事件を描いた

「シャケと軍手」などがある。

主著に『山崎哲戯曲集』全六巻(思潮社)、

『増補版俳優になる方法』(青弓社)、

『<物語>日本近代殺人史』(春秋社)など。

『 会見 』

ラサール石井

らさーる いしい lasalle ishii

1955年10月19日生まれ、大阪出身。

コント赤信号を結成し、

1980年「花王名人劇場」にてテレビデビュー。

タレントとしてだけでなく、俳優としても出演多数。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」では

両津勘吉役を長くつとめる。

書籍、エッセイも執筆。

脚本・演出家としては小劇場から商業演劇まで

幅広く作品を手掛け、

2015年に原案・作詞・演出を担った

KAAT主催オリジナルミュージカル『HEADS UP!』で

第23回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。

近年の主な脚本・演出作品:

「ファミリーミュージカル ゲゲゲの鬼太郎」、

「夫婦漫才」、「HEADS UP!」、

こまつ座「たいこどんどん」、

「志村魂」、「てだのふあ」、

「阿呆浪士」、「ナイロンのライオン」など。

『 政治家 』

わかぎゑふ

F・Wakagi

劇作家・演出家 1959年生 大阪市出身
関西小劇場の劇団リリパットアーミーⅡ二代目座長。

大阪弁の人情喜劇、

明治以降の近代日本の庶民劇に定評がある。
2000年大阪市きらめき賞。

2001年上演の「お祝い」の

作、演出に対して大阪舞台芸術奨励賞受賞。
古典への造詣の深さも有名で、

歌舞伎「たのきゅう」「色気噺お伊勢帰り」

新作狂言「わちゃわちゃ」「おうみのおかげ」

などの作・衣裳・出演なども担当する。

大劇場から小劇場まで縦横無尽に演出できる

数少ない女性演出家のひとり。

 

​イカれる出演者紹介

流山児祥

ラサール石井

KONTA

井村タカオ

大久保鷹

外波山文明

(ナレーション)

祁答院雄貴

オクトウミユ

今野健太

長澤翔

(以下、流山児★事務所)

龍昇

塩野谷正幸

伊藤弘子

谷宗和

イワヲ

里美和彦
木暮拓矢

鈴木麻理

山下直哉

五島三四郎

春はるか

藤岡ライアン

音楽

いまみちともたか

エンディングソング

エンリケ

​『 ぼくらの世界 』

 

お問い合わせ

 © japndemic13stories